伝えたいこと

冷めた夫婦間って嫌ではないですか?

夫婦がうまくいかない

上手くいかない理由は、一概にこれであると断言できることではありませんが、多くの理由に言えることは、お互いの境界線を守れていないことにあるのではないでしょうか。
境界線は、自分の領域(テリトリー)と相手の領域を分けているものです。
昔から「例え夫婦であっても触れてほしくないことがある。隠したいことがある」と言われるように、例え夫婦であっても自分の領域があるってことなんですね。

難しく感じるこの「境界線」は
自分と相手は別々の人間なのだ、と言う認識がないと理解が難しいのです。

はっきり言ってしまえば「自尊心」が育っていないと、自分と他人を別々の人間なんだと分けて考えることが非常に難しい部分です。

境界線が難しい場合は参考にして下さい ↓ 

ame11.hatenablog.com

なぜ、境界線が関係しているのか?

親子間、夫婦間と言うのは相手へ心を許しているので、自分と相手を分けている境界線がとても近い存在になっています。

近いがゆえに、自分と他人が別々の人間と言う認識もはっきりしなくなる。大概の人は「夫婦なんだから当たり前」「夫婦だから分かってくれる」って感覚が当たり前にあると思うのですがそこが注意。

「夫婦なんだから当たり前」と思っても
相手にしたら「当たり前でない」と考えないことからトラブルが起こり始めます。

分かりやすいように、前回の「中高年の夫の不満」を例にしていきます。

ame11.hatenablog.com

夫は妻にこんな不満を持つとします

「食べた物もすぐに洗わないでだらしがない」

この不満、皆さんはどう思われますか?

夫は「食べたものはすぐに洗うべき」と思っていますが、
妻は、仕事で疲れているのかもしれませんし、そもそもまとめて後から洗うタイプの人かもしれません。
ここには妻の理由や性格がありますよね?

夫は自分の考えが正しいと信じ、相手もそう考えて行動するべきだと思っています。

自分の考えまではいいのですが、相手もそうだ、と考えることが境界線を越えているのです。

夫「休みの日くらい家事をしろ」

夫「化粧もしなくなってだらしない」

これらも、境界線を使って考えてみて下さい。

妻も休みの日は休みたい、今週は特に仕事が忙しかったなど、夫とは違う思いがありますよね。化粧うんぬんは個人の自由です。独身女性でも毎日ばっちりメークしてるとは限りません。

こんな夫、どう思われますか?

妻側の不満を例えてみます

「どうして分かってくれないの?」
「もっと〇〇してくれたっていいじゃない」
「いつもより帰りが遅いけど何してたの?」

どうして分かってくれないの?って言わなければ分かりません、他人なので。

〇〇してくれても・・ って当たり前に言われても困ります。

いつもより帰りが遅いと言われても・・・
こっち(夫)にも事情ってもんがあります。仕事が上手くいかない日や帰りがけに同僚と話しをしてたなど。いちいち、言われているとうんざりです。

これらを想像していくと、家に帰りたくない夫の気持ちが分かるような気します。

こんな感じで挙げていくとキリがないですよね。
自分と相手は別の人間なので、同じように考え行動しているわけでない!
自分が思うことが相手に通ると思うところに、境界線がないんです!

 じゃあ、どうすりゃいいの?

結論で言うなら、自分と相手を分けて考えることです。

しかし、最初に伝えたことと重複しますが
自分と他人を分けて考えるには自尊心が育っていないと難しいことと、夫婦と言う最も近い距離にいて境界線を保つのは難しいことでもあります。

しかし、ここを考えていかないと夫婦間はうまくいきません。
私が夫側へ言うことの一例ですが

「3軒先の奥さんだと思うこと」

仕事から帰ってきて、3軒先の奥さんが待っているとしたらどうするか?
不機嫌に帰れませんよね?
お風呂に入る際も、3軒先の奥さんが用意したものなら?
お先にどうですか?と声を掛けませんか?またはお先に入らせてもらいます、などと声を掛けますよね?
朝食時にリビングを開ける際には、3軒先の奥さんいるなら顔を3発くらい叩いて目を覚ましてから入りませんか?

極端な話しだと思われるでしょうが、実際にはこれくらいの覚悟を持っていないと今までのだらだらとした境界線なしの生活を変えるのは難しいのです。
ある人が言いました。
夫婦間や親子間に「鉄の壁を作って考えること」と。

この意見の「鉄の壁」にはすごい表現だな思いましたが、実際に簡単にはいないことなので、確かな意見には違いないですね

 実際にできること

不満、ストレス、もやもやがある時に
あえて「自分と相手は別の人間だ」と言い聞かせ、
時間をおいて自分の感情の整理をしてから話す

アドラー心理学の「課題の分離」を使って考えてみる

*** アドラーの「課題の分離」は、ここで使った境界線について言葉を変えて説明しているのでとても参考になります。
個人的には「課題の分離」を学ぶに留めておかれた方が良いと思います。
流行りの心理学ではありますが、深追いすると現代の精神分析学から外れてしまう部分もありますのでご注意を。

 最後に

仲の良いご夫婦や、幸せな家庭ってやはり良いですよね!
一緒に生活してても不満や文句を持ちながら、他で憂さ晴らしする生活をしていても命という大切な時間は流れて行ってしまいます。
それでは、もったいないですよ。
誰かのためではなく、自分の為に
生活の基本である家庭が家族が楽しく過ごせるように願います。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 伝えたいこと

    どうしたら楽に生きられる?自己否定をしてしまう人へ

    診断名は何を意味しているか  現代の精神疾患の患者数は増える続…

  2. 伝えたいこと

    類は友を呼ぶ・友は類である

    類は友を呼ぶ類は友を呼ぶ …

  3. 伝えたいこと

    わかいやすいパーソナリティー障害「特徴をわかりやすく解説」

    人格障害・パーソナリティー障害は一般教養である…

スポンサーリンク
  1. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
PAGE TOP