伝えたいこと

方言の意外な使い道。私の思う言霊

方言の意外な使い道

 

方言は、その地域の言葉となっているものなので、一概に当てはまるものではないことを承知の上で書かせてもらいます。都会には方言はないので、当てはまりませんが参考までにどうぞ。

 

 

私の地域では、若い人たちはほとんど方言を使わなくなりました。しかし高齢の方は「方言」を使います。この地域へきて27年になりますが、当時は誰もが「方言」を使っていましたから、まるで「方言」の消えていく姿を見ているように感じることもあります。

しかし、やはり地方ですから若い人であっても、言葉の端々には地域ならではの「方言」が残っています。

 

そんな「方言」を若い人たちは、直そう、使わないように、と気をつけている面もあります。

私は、方言を残しています。それが今回の意外な使い道なのです。

私は高齢の方に「ため口」って失礼に感じて使えません。

「〇〇さん、元気だった?」など。

認知症が進んだ方ならいいのですが、まだまだお元気で年相応の物忘れ程度の方、

ほんとに軽い認知症の始まりの方などには「ため口」は失礼だと思うのです。

しかし、この年齢の方には丁寧な言葉は通じにくいのです。

丁寧な言葉を使うと「???」みたいな顔をされることは多いです。

そして「???」みたいな顔をされた側は「ボケてるのかな?」と疑わなくてなりません。

高齢の方は賢者ですから、そんな場面では「わかったふり」をしてくれます。

しかし、これではコミュニケーションが取れません。

そこで、

使うといいのが「方言」なのです。

方言だとため口でありながら、失礼にならず、高齢の方には馴染みやすい言葉であるので、コミュニケーションを取るのにとてもスムーズです!

 

周りに高齢の人いないから・・と思っても、仕事上で関わらなくてはならない場面もあるかと思います。仕事上だと、丁寧な言葉を外せない場面でも、方言に置き換えると伝わりやすいですしスムーズな会話ができるのでお勧めですよ!

私は、方言はコミュニケーション能力のスキルに入ると思いますね。

(地方限定スキル 笑

 

言霊

 

言霊の意味を調べてみると

言霊 – Wikipedia

言葉に霊が宿っていると考えられ、良い言葉を使うと良いことを招き、悪い言葉を使うと悪いことを招くって言う意味ですね。

「霊」はさすがにいないと私は思いますが、言葉には「力」があるもので意味的には間違いのないことだと思います。

なぜ「言霊」を持ち出したかと言うと、上記の意味以外に「言霊」に当てはまるものに

「生きた言葉」があると思うのです。

「生きた言葉」はその人が体験経験してきた中から生まれている言葉であり、他者へ強い力となって伝わる、まさしく「生きた」「言葉」だと思うのは私だけでしょうか。

偉人の言葉もそうですが、偉人でなくても、私たちは人生の中で「生きた言葉」をもらうことがあります。

遠い昔の大切な人の言葉かもしれませんし、尊敬していた誰かの言葉かもしれません。その人たちと別々の道を歩いていても、その「生きた言葉」に支えられたり励まされたり、教えとなっていたりしている言葉はありませんか?

そんな「生きた言葉」も自分に与えてくれる強い力を持っていますので、

「言霊」に当てはまるのではないかと思っています。

私もいつの日かそんな「言霊」となるような言葉がでる人になりたい。

人生はまだまだ修行中。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 伝えたいこと

    不登校・引きこもり「ゲーム」との関係

    子供にとってのゲーム私が知る限りでは、 スーパーファミコン…

  2. 伝えたいこと

    野良猫の悲惨な実態。今だから語れること。

    野良ねこ母さんが守る子猫の運命ついに3月になり…

  3. 伝えたいこと

    あるブロガーさんの足跡から、人生が変わって行くのかも?そのブロガーさんとは?

    あるブロガーさんの足跡から転機へと ブログの引越しを考え、はてなブ…

  4. 人間関係

    自己愛から自尊心への成長過程

    自尊心について考えよう自尊心について検索すれば…

  5. 伝えたいこと

    冷めた夫婦間って嫌ではないですか?

    夫婦がうまくいかない上手くいかない理由は、一概にこれであると断言で…

  6. 伝えたいこと

    行動しか見ない日本人。行動の内側の気持ちを見よう

    行動だけを見ない日本人は、その行い(行動)しか見ない…

スポンサーリンク
  1. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
PAGE TOP