伝えたいこと

ググってみる小学生のおもしろ実態。V selection みそラーメンはまずいのか?

ググる小学生

 

小さい息子が、成人しているお姉ちゃんの家に遊びに行った帰りに、インスタントラーメンをもらってきました。

それがこちら ↓ ↓

 

いまどきの小学生は「単純で賢い」のです。

ですから、帰ってきて早々に

単純に「せっかくもらったら食べようよ〜!」と笑顔でご機嫌です。

そして、次の瞬間、見慣れないパッケージに

「ブイセレクト ってなんだよ!!」と疑問をみつけ突っ込んできました。

賢いのは ここから。小学生をナメていたが「 V select 」が読めている!

そしてそれに答える間もなく、即座に「ググる!」

 

バローが作ってるんじゃなくて、バローと契約したメーカーが作っています。
その際、低価格で販売するためには原材料費を低く抑えるしかなく、
それがダイレクトに味に反映されます。

バローに限らず、どんなスーパーのPB(プライベートブランド)商品も同様です。

 

これを読んだ息子の発言にまたまたビックリ!

「低価格にするために、材料費を抑えているなら、絶対にマズイじゃん!」

確かにその通りでもあるが、今やどこのスーパーでも企業と契約してオリジナルブランドを持っている時代である。

元主婦でもある私からすると、商品(食品日用品問わず)によっては、メーカー商品よも低価格でお得な物が多いと思う。

しかし「失敗したな」と思う商品もあると思うのも実際の感想である。

そして子供らしく単純に

「マズそうだけど、食べてみよう!」となりました。

本当は、あまり美味しそうではなかったので、気づかれずに食べさせたかったのですが、子供の目の付け所とググる速さにバレてしまったのです。

スポンサーリンク

 

V select  「味噌ラーメン」レビュー

 

先入観のせいでしょうか、まずいのです。

発泡スチロール風味のお味になっています!

とは言え、私たちの味覚の問題でしょうか?

実際に食べてみて下さい。私はもう一度食べる勇気はありませんが、本当は美味しいのかもしれないと、いつまでも気になる謎の商品です。

 

小学生の「ググる」は意味なし

 

今どきの小学生は、親がスマホやパソコンを使うことから、簡単に検索することを知っています。

知っていて「ググるってみる」がその後に困る小学生らしいエピソードを紹介します。

 

小学四年生の夏。男の子たちがゲームで遊んでいると、

A君が息子へ「分かんないから検索して!」と命令がでました。

息子がめんどくさそうに検索して、良さそうなページを見つけてあげると

「ありがとう〜〜!」と喜んで読み始めて5秒後・・・

「何て書いてあるのか分からないから読んで〜!」と頼んいました。

そして別のB君は、自力で検索しましたが

「何て書いてあるの〜〜??」と息子に聞きます。

息子:低確率で出現するって書いてあるよ と伝えると

「ていかくりつって何〜〜〜???」

息子:10回に1回か2回出るってことだよ

と、教えてあげていました。

 

検索することを知っていても、漢字が読めない、言葉の意味がわからない、そんな小学四年生たちにほっこり気分で可愛いなあと思っていました。

 

ところが、その子供たちは、この春に小学5年生になりました。

そっと会話を聞いていると

お友達が話しています「任天堂は会社ではなく、一つの組織なんだよ。組織って言うのは・・・・」

小難しいことを言うようになりました!

話が途中までしか聞こえなかったので、その後の説明がわかりませんが、何だか私の方が「ググってみないと」という心境になります。

成長の早い子供たちです。

子供をナメるなよ!!

10年ちょっとすればこの子供たちが世の中へ出てくるのですからね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

  1. 生活

    「au WALLET プリペイドカード」使いやすい電子マネー

    「au WALLET プリペイドカード」が使いやすかった!&nbs…

  2. 人間関係

    発達障害には家庭環境が影響している「子供・大人」

    発達障害ではない可能性?「発達障害」については、その障害名だけは多…

  3. 伝えたいこと

    人生は平面を歩くもの。過程を大切に過ごしたい。

    アドラー心理学の謎私は時々アドラーの言葉が出て…

  4. 伝えたいこと

    引きこもりについて真剣に考えてみて、自己解決している私

    大きな誤解 二年くらい前まででしょうか、私は 引きこもりについて未…

  5. 生活

    ペットやお部屋の臭い対策どうしてますか?

    猫好きの私と臭いの問題  こんにちは Ameですフロフィール…

スポンサーリンク
  1. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
PAGE TOP