伝えたいこと

自己否定から自分を育てよう!

 心の育て方 ①

 

「自尊心」「自己肯定感」の精神発達について書きましたが
今回は、そんな自分の心の育て方についてです。

 

私は、虐待環境にいたことで、一時的にまさしく「自尊心」の低い人になっていました。これは一般的に言われる「自分のない人」でした。
自分という核」「自分なりの基準」がない状態は、本当に恐ろしいものでした
だからこそ、分かるのです。自己否定や自分が悪いと考えがちな自動思考、人や世間の目ばかりが気になってしまう、自分の考えることが正しいと思えないなど、ネガティブな考えばかりになってしまうことを。

 

はっきり言ってしまうなら、これらは「自分のない人」「自尊心の低い人」なのです。
本来は、この部分を生まれた時から親からの愛情で育ててもらうものでした。
しかし、私たちはもう大人になり、親は育て直しをしてはくれません。そもそも、親御さんに育て直しができるだけのものがあれば、今の心の状態ではなかったはずです。
親のせいにしても仕方ありません。親御さんの時代背景やその当時の教育など、親御さんのせいばかりではない問題も含まれているからです。

 

まあ、そんな訳ですので、私たちは私たちで何とか豊かな心を育てていきましょう!

 

 具体的な方法

 

偉そうなことを言っているわりに、具体的な方法については
皆さんも頭では、よーく分かっていることだけです

 

自分で自分に聞くことを練習し続けましょう

 

喉がかわいたのなら、自分に「私は何が飲みたい?」
お腹が空けば「何が食べたい?」
片付けが面倒だと思う時「片付けをしたい?したくない?」
暇な時間ができたなら「何がしたい?」

聞かなくても分かってことでも、とにかく自分に聞く!とにかく聞く!

地道な作業ですが、問い掛けては、自分で答えるを続けていく中で、ぼやけていた自分の気持ちが少しずつはっきりしてくるはずです。そうなると成長過程で取り込んでしまった間違った考えにも気が付くようになっていきます。

これは、自己発見をすることで、自分という「核」または「基準」を育てる作業です。

 

→ 自分が見えてきます

 

自分という基準があるとき、その基準から考えたり、意見をもったり、判断したりして自分が主体となって生きられるのです。

 

自分の心の気持ちを信じてあげること

 

「AとBとを考えると、私はAだと思うんだけど、どうなんだろう」
こんな感じで迷ったり、自信がない時に、自分の考えは正しいと自分を信じてあげて下さい。自分の考えがない訳ではないのです。ただ長年の癖で自分の気持ちや考えを第一優先に出来なくなっているだけ。
「でも周りの人は・・」「世の中の人は・・」と言う思い込みに惑わされているだけです。
自分以外は、全て他人なのです。だからこそ、
みんな違って、みんないい なのです。
自分の気持ちを信じる!これだけでも続けるのはとても大変ですが、必ずつかめるものは出てきますからやってみて下さい。 

 

→ 自分を信じる感覚が分かってきます

 

ここで言っていることは、たった二つですが
心を育てることでは、その他に考えた方がいいことっていっぱいあると思います。しかし、自分を認めるとか自分をあるがまま受け入れて、などの言葉もあるように、根底にある自分をまずは、再発見して、そこから自分なりに育てていく方が私はいいと考えるのです。

息子は10歳です。父親からの虐待から、現在は複雑性PTSDを発症してしまい不登校になっています。
10歳でも、今私が伝えてきたことを一人で練習し続けています。自分の気持ちに自信がなくなると「ママ、僕がこう思うならそれでいいんだよね?」と「それでいいんだよ」と言ってほしくて聞いてくることがあります。
息子は私に言われてやっているのではなく、自分で自分を信じられるようになりたい!自分を肯定し自信が持てるようになりたい!そして学校へ行きたい!と頑張っていることはすごいなと思います。

 

そんな息子は
「ありのままの自分で過ごせるって楽なことなんだね!」とつかみ出した感覚に笑顔を向けて伝えてくれるまでになりましたよ!

 

 最後に

 

人格形成は40歳までと言われています。
人格形成ができるうちに、豊かな心を育て、豊かな人生を歩んでほしいと願います

 

「人の目を気にする」「相手の気持ちばかりを考える」「人がどう思うかを考える」
これらは、全て他者視点ですよね? 他者が基準になってしまっていますよね?

「自分はこう思う」「自分はこうしたい」「こう考える」
こちらは、自分視点ですよね? 自分が基準ですよね?

相手がどう思うか?ではなく、自分がどう思うか!が大切です。
自分の人生なので、他人が基準では勿体ないですよ!

 

ありのままの自分で生きられることは、とても楽であり豊かでもあります。
自分を見つめることは、苦しいものです。でもそこから逃げないで、どうか豊かな心を育てて下さい

 

以上、にゃんこ母さんからでした

関連記事

  1. 人生

    生き抜く力の大切さ「自分を育てる」

    自分の課題から逃げない人は誰しもが、自分の課題を持っているいるもの…

  2. 伝えたいこと

    お年寄りは賢者であり、孤立しやすい!手を貸してほしいと思う理由

    お年寄りって弱い? 今日は、お年寄りについてここで言うお年寄りとは…

  3. 伝えたいこと

    自分らしく生きる

    私に無いものを考えてみた 「勤続何十年」これだけは、無いとはっき…

  4. 伝えたいこと

    仕事を辞めたい、それでも働かなければ。それでは辛くないですか?

    転職できない心理仕事に対し不満を持ち転職を考て…

  5. 伝えたいこと

    類は友を呼ぶ・友は類である

    類は友を呼ぶ類は友を呼ぶ …

  6. 伝えたいこと

    引きこもりについて真剣に考えてみて、自己解決している私

    大きな誤解 二年くらい前まででしょうか、私は 引きこもりについて未…

  1. 伝えたいこと

    野良猫の悲惨な実態。今だから語れること。
  2. 「ペットやお部屋の臭い対策」手軽な物で効果抜群
  3. 生活

    セブンイレブン「極ふわ」タオル・発売元「伊澤タオル株式会社」
  4. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
  5. 美容・ダイエット

    キレイな肌を保つために「肌の仕組みや化粧品への基礎知識」
PAGE TOP