伝えたいこと

言葉も育てよう!素直な自己表現の一つ

気持ちを伝えるためにしていること

 

f:id:Ame11:20170210022830j:plain

 

 私が最近、心がけていること

サービスカウンターの人だったり、問い合わせ窓口のお姉さんだったり、
配達で行き合うお兄さんだったり・・・
仕事でやっている人たちへのお礼の言葉はいつも

「ありがとうございました」

もちろん、相手は仕事なので「ありがとうございました」で十分なのですが、仕事とは言え相手にしてもらったことに有難いなって感謝の思いってありますよね。

その気持ちを言葉にしようと

「ありがとうございました」に変わる言葉で伝えるようにしています。

 

その時々の「ありがとう」をその時々で感じたままに言葉にしているので
例えが難しいのですが、そうですね・・
一つ例えると、これは最初にやってみたことなので覚えているのですが、
サービスカウンターの方に荷物を預かってもらい、その後、受け取る時に
「困っていたので助かりました」とさらっとにっこり笑顔で伝えてみました。
その時の店員さん、少し驚いたような顔をされて
同じように笑顔で「いえいえ」と言った感じで返してくれましたが、
お互いの中に、ふっと暖かい物が通ったことをとても感じました。

他にはこんな言葉も使います

ご親切にして頂いて・・とか

お手間を取らせてしましました とか

これらの言葉は丁寧な口調になっていますが、
毎回、丁寧にってことではないんです。
何となく心でこの人へこう伝た方が伝わるだろうなって『感』でしかありません。

ですから、さらっと

丁寧で分かりやすかったです と伝えることもあります。

 

きっと、私が伝えたいのは

「ありがとう」の中身なのでしょうね。

 

これに関しては、まだまだ修行中です。

 自己表現は大切なことですよね、
この「ありがとう」の表現も大切なんじゃないかなって思います。
伝え方を変えてみると、相手との間に一瞬だけど
ふっと暖かいものが流れるんです。
一瞬であっても、とっても大切なことのように思います。

 

言葉を素直に使う

 

私とあまり親しくない人は、
私を難し人とか独特だとか捉える人がいるのですが
何故なんだろうと思ってきました。
その謎は、とても簡単なことで「言葉」にあったのです。

多くの人は、相手がどう思うか?
相手がどう捉えるか?などから

「言葉」を選んで話していることに気がつきました。

 

どう言ったからと言って、どう思うかはわからないんですよ?
私から言わせたら、無駄なエネルギーを使っているとしか思えません。

 

私は、言葉を飾りません。
あるがままの自分の心からの素直な言葉を使っています。

なので、相手がどう思うか?を考えて話す人は、
当然、相手もどう思うか?を考えて話していると思うわけなんですね。

そこへ素直な言葉で話す私の言葉を邪推しようとすると
邪推の変換候補が出てこないので、あれれ?ってなるようです。

 

そんな腹の探り合いのような会話に時間をかけているより
シンプルに本音で話した方が楽しいしお互いの理解も早いと思うのですが。

 

これに関しては、アドラー心理学の「課題の分離」は参考になりますよ。
しかし私は決して、アドラー心理学に興味があるわけではないです!
ただ、この「課題の分離」は、「課題」を「分ける」ことで人間関係を考える時にとても分かりやすいのです。

例えばこんな感じ

 

自分が何かを言った

 ↓
それを聞いた相手がどう思かは相手の課題
 ↓
更に帰ってきた内容で、どう思うかは自分の課題

 

このように分けて考えると、自分の課題の部分で自分がどう考えるかだけに集中できるので、整理しやすいんです。

 

どんなに言葉を繕ったとしても、逆に素直に話したとしても
自分の人間性は変わりません。
それなら素直な言葉を使った方が、楽だし素敵だと思うのは私だけでしょうか。

 

言葉って本当に大切なものです。
人を育てることも出来るし、人を殺すこともできるなんて言われていますし。
心の豊かさが育つように言葉も育てていきたいですね!

  

スポンサーリンク

関連記事

  1. 伝えたいこと

    類は友を呼ぶ・友は類である

    類は友を呼ぶ類は友を呼ぶ …

  2. 伝えたいこと

    行動しか見ない日本人。行動の内側の気持ちを見よう

    行動だけを見ない日本人は、その行い(行動)しか見ない…

  3. 伝えたいこと

    「勝ち組・負け組」はすでに逆転している。生き方を模索する現代

    思いついた言葉最近、ぼんやりと漠然と考えていたことがあったのだ…

  4. 人間関係

    発達障害には家庭環境が影響している「子供・大人」

    発達障害ではない可能性?「発達障害」については、その障害名だけは多…

  5. 伝えたいこと

    自己否定から自分を育てよう!

     心の育て方 ① 「自尊心」「自己肯定感」の精神発達について書きま…

スポンサーリンク
  1. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
PAGE TOP