伝えたいこと

中高年の夫はなぜ文句が多いのか?

中高年の夫の不満

 

中高年の男性が奥さんに持つ不満って良く聞きませんか?
ここでは、そんな不満や文句の多い中高年の夫について取り上げていきます。

  • ご飯を作らなくなった
  • 家事を分担させられる
  • 洗濯をしてくれなくなった
  • 掃除をしなくなった
  • 文句ばかり言うようになった

さも、これらを奥さんが悪いように言うのですが
そもそも、自分の家なので自分で掃除すればいいし、自分の食べることなので自分でご飯を作ればいいだけと言う自覚がない!
要は、精神的に自立していないってことなんですよね
自分は仕事をして稼いでいるのだから、奥さんが家事をやって当たり前って考えがもう古いことに気が付かない。
時代の流れで気が付いてきてはいるから、文句を言いながらも家事を手伝うようにはなってきた夫も多くはなりました。
しかし、夫側は根本的に精神的自立ができていないから、いつも不満や文句が溜まっている状態なのです。

妻はなぜ、家事を押し付け文句を言うのか?

 

長年、働いてくれているからと養われているという立場であると言う思い込みから夫へ依存。
そして、女性としても夫から愛されていたいと言う思いが依存心になっているんですね。
しかし、女性は夫に対し女を捨てると強いのです。ここで言う女を捨てるは、夫に対してです。子供を産み育てる母性の強い女性は、夫へも愛情を必ずどこかでかけていますが、夫は妻を女性と見なくなる。その結果、妻は老いを感じ始める頃になると開き直って夫への女心を捨てられるようになるんですね。私が思うに閉経などの心理面も関係しているのではないかと思います。

妻は、子供を産み育て、または家庭を支え、など仕事以外のことで豊かさを培ってきていますから、自立しだすと下地があるだけに早いんですよね。
自立し出した妻は、自分の人生を豊かに楽しく過ごすことの大切さを知っています。そして、男女は平等であると言うことも心で理解しています。

だから、友達を持ち、趣味を持ち、遊びを楽しみと行動的になって行くんですね。
今まで我慢してきたことも自立をしたからこそ見えてきたこともあり、夫へあなたもやりなさいよ!と平気で文句も言えるわけなんです(自己主張であるとも言えますよね)
人生を開き直って生きているかのようなパワフルなおばちゃんは、自己肯定感の塊とも言えます。自己肯定感が高い低いの問題ではなく、まさしく「塊」と言えないでしょうか。

こう考えて行くと、少し前に流行った「熟年離婚」が何故、多いのかが分かるような気がしませんか?

自立した妻にいつまでも依存し、文句や不満ばかり言ってくるのであれば、家庭を返り見ず、仕事仕事とないがしろにしてきた夫がいらなくなるのは当然の心理ではないでしょうか。定年前ならもうロクに稼ぎませんし、今は年金分割できる時代になりましたから見切りをつけることもできます。定年後なら尚更、稼ぎはありません。内緒の蓄えと年金分割や自身の年金などから考えて見切りをつけることもできます。
この年代は「内助の功」の精神もあり、案外内緒の蓄えがあったりするものです。

再婚できる年齢ではないのに寂しくないの?

精神的に自立していれば1人で生きていくことに不安はありません
頼れるものが自分なので、誰かに頼らなくていいのです。
「誰か」1人に頼り縛られ我慢してきた人生だったからこそ、残りの自分の人生を大切にしたいのです。
しかし、年金分割をしても生活面の不安がある場合、残りの人生を豊かにする為にはお金は必要なので、我慢して結婚生活を維持するケースもあります
我慢と言っても、うるさい同居人くらいに思えれば大きな問題ではないのかもしれませんね。

男性の皆さんはこんな目に合わぬよう
若い時から、自分と妻とは別の人間だと言う認識と、夫婦であっても対等である精神を育てるようにしたいとこですね。
妻は母親ではありませんからね。ご飯作ってもらって家事をしてもらってと依存するなら母親にしてもらうことと変わりないです。
自分の家なので、汚くて気になるのなら自分で掃除する!
これらをあげるとキリがありませんので省きますが、
一人暮らしをしているなら何をするかを考えれば、結婚していても自分で出来ることは自分でやる方がいいですよね。

女性の本音の恐ろしさをご存知ですか?

仕事をしてもらって残りの年数でいくら稼ぐの?
保険金とどちらの金額が多いの?

これは、ほんの冗談。

今から妻と言う名の「1人の女性」を大切にしてほしいです。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 伝えたいこと

    野良猫の悲惨な実態。今だから語れること。

    野良ねこ母さんが守る子猫の運命ついに3月になりました。野良…

  2. 伝えたいこと

    自分らしく生きる

    私に無いものを考えてみた 「勤続何十年」これだけは、無いとはっき…

  3. 伝えたいこと

    仕事を辞めたい、それでも働かなければ。それでは辛くないですか?

    転職できない心理仕事に対し不満を持ち転職を考て…

  4. 伝えたいこと

    逆転の発想から白黒思考を考える

    どちらが不審者? ある悩みでどうしても発想の逆転ができず、発想の逆…

  5. 人間関係

    パーソナル・スペースと自分を守ることの大切さ

    パーソナル・スペースとはコミュニケーションをとる相手に近付かれ…

スポンサーリンク
  1. 生活

    セブンイレブン「極ふわ」タオル・発売元「伊澤タオル株式会社」
  2. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
  3. 伝えたいこと

    野良猫の悲惨な実態。今だから語れること。
  4. 「ペットやお部屋の臭い対策」手軽な物で効果抜群
  5. 美容・ダイエット

    キレイな肌を保つために「肌の仕組みや化粧品への基礎知識」
PAGE TOP