植物・自然・動物

[バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方

 

薔薇の魅力とは

 

開花期が、5月〜10月と長い期間を楽しめるのも薔薇の魅力です。

薔薇は育てるのが難しいと思われがちですが、

実際は、水切れさえおこさなければ枯れることのない丈夫な植物なのです。

 

写真は、植えっぱなしで手入れ前の状態の

ミミ・エデン 

  • 四季咲き 花茎5センチ
  • つる性 1〜1.2m

 

冒頭に使っている写真は

ピエール・ドゥ・ロンサール(開花直前)

  • 返り咲き 大輪 カップ咲き
  • つる性 3m〜
  • 非常に人気にある品種で、初心者でも栽培が楽
  • 生育が旺盛

丈夫に育てることで、植えっぱなしであっても、こんなにも花を付けてくれる丈夫なバラの育て方を紹介します。

 

薔薇の魅力について


病気や虫の被害から葉がすべて落ちてしまっても、また新たに芽吹いてくる生命力のとても強い植物です。

水切れさえおこさなければ、枯れることはない強さを持っています。

これは、他の植物にはない強さです。

 

その他の薔薇の魅力をまとめると

  • 花やさんの薔薇は完成された美しさがありますが、自分で育てる品種のバラは、自然が作りだす色の濃淡や繊細さ、花びら一枚一枚の形までもが繊細な美しさを持ち、その美しさには心奪われます。
  • 原種からの歴史が古く登録品種は4万種
  • 地植え、鉢植えどちらでも育てられる
  • 生命力が強く、水さえ切らさなければ枯れることがない
  • ツル薔薇はアーチ、玄関回り、おしゃれな椅子などへ誘引してアレンジを楽しめる

 

バラ達②

 

今は亡き夫が育てていた薔薇たちです。

夫がつくった動画ですが、たくさんの種類のバラを映しているので

「思い出がいっぱい」の挿入歌とともに、どんな品種の薔薇が好みなのか、ぜひ参考にご覧下さい。

 

* 夫は500本以上の薔薇を育てていました。
*私は40種類を育てていました。

美しい花を咲かせるための丈夫な薔薇の育て方

 

私は過去に「認定農業者」になるほど、農業に打ち込んでいました。

バラも野菜と同じ植物です。

 

よく育てる環境に合わせた品種を選ぶ、とアドバイスされますが、

環境に合った品種を選んでも、管理次第で病気が多くなります。

病気になって葉が一枚もない状態になってもまた芽吹き花を咲かせる強い生命力がありますので、病気を恐ることはありませんが、花が咲くまでに時間がかかるなど、楽しみたい時期に花がないのは育てていても淋しいものです。

土作り

 

やはり、土台である「薔薇の木」を丈夫に育てることをお勧めします。

割合は、 赤玉土7:ピートモス2:くん炭1

(園芸店、ホームセンターなどで売られています)

私は鉢植えの場合にこの配合で、土を作っていました。

 

  • 鉢植えの場合、鉢は一般的に苗木に合わせて一回り大きなサイズ、と言われていますが、経験からもう一回り大きなサイズがいいです。十分に根を張ることができますので、バラの幹がしっかりと育ちます。

 

野菜と同じで良い苗に育て、収穫までしっかりと育てることが大事であるのと同じなのです。

 

夫は薔薇を「薔薇専用の土」を使って、肥料も多く使いきれいに咲かせることに重点を置いていましたが、病気に弱く、一度病気が発生すると病気を止めることが出来ず他のバラへもすぐに拡がってしまいます。

 

私は「バラの木」を育てることを重点に育てました。

夫とは反対の育て方をしましたが、結果は病気に強く丈夫なバラに育てたことで管理も楽になりました。勿論、花の美しさには違いはありませんでしたよ。

そして、鉢植えで育てていた薔薇を地植えにすると驚くほど成長が早く、花数もとても多くなりました。

肥料

 

  • 鉢植えの場合は

油粕のみ 月に一度

 

  • 地植えの場合は、植え付け時に土壌改良の目的で

乾燥牛糞、肥料、骨粉などを入れますが、これは薔薇への直接の肥料ということではなく、あくまでも緩やかな肥料効果と、一番は土壌改良が主の目的になります。

地植えの場合、30〜40センチ範囲を掘り起こすと一般的には言われていますが、植え付けする土地が畑のように肥えている土壌であれば良いかもしれませんが、

現代の整備された庭への植え付けには、土壌がしまっていて十分に根を張ることができない土壌が多いので、手間であっても10年以上も花を咲かせてくれる薔薇のために、倍の面積を掘り起こし、土壌改良を優先にして下さい。

水やり

 

  • 花が咲く時期は、薔薇にとって水を欲しがる時期です。この時期はしっかり水をやりをしましょう。
  • それ以外の時期にはかわいそうでも水やりを遅らせていました。何故なら、水やりを忘れても生き残れる丈夫さを育てるためでした。
  • 長期の外出などで、水やりができないことがあるかもしれません。少々の水不足でも耐えられるように最初から育てておかれる良いでしょう。

 

つるバラなどの枝の管理

 

ツルバラの枝の誘引は、冬場に葉が落ちている時期に誘引します。

成長時期でもある開花時期から成長した枝は、すぐに支柱を立ててしまわずに、風に煽られている状態にしておきます。

風に煽られることによって、枝はしなやかな丈夫な枝へと育ちます。

 

剪定

 

花が終わった後に、切る場所によって35日後、45日後、55日後と次の花が咲くと目安があり、多数栽培していると花の時期を合わせることもできます。次に紹介する本にわかりやすく書かれていますので、よければ参考にしてみて下さい。

しかし、バラはどの位置で切っても必ず咲いてくれますし、花が終わった後に選定せずに放置しても、他の枝えを伸ばし花を咲かせます。

放置しすぎて、花があまり咲かない状態になったとしても、自己流で剪定してあげれば、また新たに枝を伸ばし元気に咲いてくれるでしょう。

私はそんな生命力の強い逞しさを持ったバラが大好きです。

 

難しいことはありません。

庭にちょっとしたお花を植える感覚で、ぜひ薔薇を育てて見てください。

 

害虫対策と病気

 

害虫について

害虫については、どんな薬剤でも大丈夫です。

耐性についてですが、殺虫剤については同じ物の繰り返しで大丈夫です。

花だけは避けて下さい。

 

病気について

うどんこ病、黒星病が繰り返し出てしまうようなら、

一つの殺菌剤を2回までの使用とし、種類を変えて散布して下さい。

被害が大きいようなら、2種類の殺菌剤を交互に使うなどして、殺菌剤への耐性を付けないようにすることが大切です。

殺菌剤は、バラ専用として売られていません。ホームセンターや農家のお店などで野菜に使うものと同じ商品として売られています。

 

安い散布機で十分ですので

殺虫剤 + 殺菌剤 + 展着剤  を混ぜて散布してしまうと楽です。

展着剤を入れ忘れないように注意して下さい(これを入れないとすぐに薬剤が流れて落ちてしまい効果がありません)

 

京成バラ園の育種家「鈴木省三」さん

 

私のバラの栽培方法については

京成バラ園の育種家「鈴木省三」さんの著書を参考にしました。

鈴木省三 – Wikipedia

バラ関係の本は多数読みましたが、野菜を育ててきた私にはこの方法が間違いないと思い「鈴木省三」さんの本一冊だけを参考にバラを育てることにしたのです。

鈴木省三さんは、京成バラ園の育種家でもあり、京成バラ園の研究所所長まで勤めた方です。

 

 

私は、上記の本一冊を参考に育てました。

私が読んだものより、最新の本が出ていましたので、参考に載せておきます。

 

【知っておきたいバラの基礎知識をていねいに解説】★★ローズガーデナーのための完全バイブルです!★★
バラは、苗を植えただけでは美しい花を咲かせてくれません。丈夫な株に育ててこそ見事な花をつけてくれるのです。そのためには成長に適した手入れが必要です。
また、なぜこの作業がこの時期に必要なのか、どうしてこの手順で行うのか、それらを理解すれば想定外のトラブルが起こっても対応できます。ぜひ、本書を片手に美しいバラを咲かせてください。

 

バラは品種が多いので、選び育てる楽しみが大きいです。

そして、その繊細で自然が作りだす美しさと、驚くほどの生命力の強さに魅了されることでしょう。

 

バラの苗

 

「新苗」「大苗」とあります。

「新苗」

春先から低価格で購入できますが、本来は翌年のために苗を育てるので花は咲かせないようにするのですが花を楽しまれてしまっている方が多くいます。

「大苗」

大苗をお勧めします。値段が少し高めになりますが、その年から花を楽しめ、成長も早い分、数多くの花を付けてくれるので十分に楽しめると思います。

 

バラの鉢について

 

お洒落な素焼きの鉢は、それだけでデザイン性がありお洒落に見えるのですが、薔薇の美しさを引き立てるには、「バラ鉢」との商品名で売られているシンプルな鉢が一番、薔薇を惹きたててくれます。

素焼き風のお洒落な鉢は、管理する上で重量があり、移動が大変であったり、水はけが悪い設計の物も多く、水はけの問題がおこることがあります。

一鉢か二鉢までの管理なら、素焼き風の物でも大丈夫でしょう。

 

鉢のサイズ

 

一般的には以下のように言われています。

新苗  5〜6号

大苗  8号

成長した翌年やその先も考え、10号鉢をオススメします。

数年経つ頃には12号鉢が必要になる品種もありますから、決して大き過ぎることはありません。

 

私は、ここで語っているだけあって、初めは素焼き風のおしゃれな鉢を買っていました。水はけが良いように鹿沼土(大)をいれるなど、排水対策をしましたが、次第に水の抜けが悪くなり、鉢の底から棒で突いて水が抜けるようにしたりと問題が出ました。鉢数が多いと女性の力ではその移動も大変でした。これらの経緯があって、地味な「バラ鉢」に納得することになったのです。

 

 

バラを育て始めた時は、このシンプルなバラ鉢を使うことに抵抗がありましたが、育てる中で、バラをより惹き立て、管理しやすい物として最適なことがわかり、それゆえに商品名が「バラ鉢」になっているのだと納得しました。

花屋さんのバラにはない、自然が作りだす繊細な美しい姿をぜひ楽しまれて下さい。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  1. 植物・自然・動物

    鳩を取り巻く鳥たちの生態系が変わっている。共存を考えよう。

    目次 猫と同じように「鳩」も可愛かった!! 出会い…

スポンサーリンク
  1. 生活

    セブンイレブン「極ふわ」タオル・発売元「伊澤タオル株式会社」
  2. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
  3. 美容・ダイエット

    キレイな肌を保つために「肌の仕組みや化粧品への基礎知識」
  4. 伝えたいこと

    野良猫の悲惨な実態。今だから語れること。
  5. 「ペットやお部屋の臭い対策」手軽な物で効果抜群
PAGE TOP