伝えたいこと

「子供たちの今」現代人や子供の戸惑いとその理由

昔の言葉の良さから気がつくこと

今の時代になり、昔の「言葉」や「ことわざ」には良い言葉が多く、それが自分自身の成長に役に立ってきたことを思い出します。

例えば、

「石の上にも3年」と言う言葉がありますが、私が若い頃には、日本中が使っているのではないかと思う程に使われていました。

就職をする、何かを始める、にあたっても、誰しもが言っているという勢いで「石の上にも三年」と言われたものです。

もう、これはバカの一つ覚えのように言われるので、自分ではよく分らないなりに「とにかく3年」と続けようとしたものです。

3年間は、頑張って続ける、我慢して続ける、嫌でも続ける、そんな強制的な意味合いのある言葉でしたね。

しかし、そうやって3年続けようとする中で、得る物は人生を歩く上でとても大事な成長の過程になっていたと思います。

3年間と進む時には、同時に「継続は力なり」を実体験を基本にその継続することの大切さを学ぶことにも繋がっています。

そんな当時に就職をしたとします。

想像していた世界と違うと嫌になります。それでも「石の上にも3年」なので仕方なく頑張ります。すると、案外楽しい側面も見えてくるものです。

嫌な同僚、嫌な上司・・・これも「石の上にも3年」なので、諦めて仕事を続けます(継続ですよね)

人はいろんな側面を持っているので、嫌だと感じたこと以外の良い面が見えてきたり、感じてくるようになりますし、自分の受け取り方の間違いに気がつき、自分を成長させようと思ったりもします。

職場では必ずと言っていいほど、そんな対人関係の問題がありますが、気がついたことから、周りと強調性や共感性を持ち、円滑な関係を築けるようになります。

 

これは、現代人が重要視する「職種に対してのスキル」以上に、長い人生を歩む、または次の仕事へ活かす為の大きな「スキル」になるのではないでしょうか?

 

3年間をやり抜こうとする時、これは継続は力なりの部分になりますが、継続する為には、そこでのやりがいや目標・楽しさや充実感を見つけて進むしかありません。そうでもしなければ、辛いだけになってしまいますから。

継続することから、これらが掴め、自分のものとなるんですね。

 

そんな当時は「素直さ」「正直さ」が大切だと教えられたものです。

「石の上にも3年」も「継続は力なり」も、この言葉をよく分らないけどやってみる、と言う素直さがあってこそだったと振り返って思い出しています。

更に古い時代の言葉に「型破りの人間」という言葉がありますが、まずは「型にはまる」ことで、そこから自分なりの何かを掴んで進む時に「型破りの人間」になるのだと考えてみました。

当時のこの言葉には、悪い意味で「型を守らない人間」として使われていたようにも感じますが、実際には押さえつけの日本文化の中で、型にはまってみてから、現代で言う「自分らしさ」を掴んでいくことだったのだと思うのです。

 

さあ、皆さん

そんな昔の言葉がない現代の子供たちは、どう感じているのでしょうか?

どのように進み、どのように考え、どのように生きていけば良いと感じているのでしょうか?

次からの章も読んで頂き、現代の子供たちの迷いがどこから生まれてしまっているのか、一緒に考える機会としませんか?

 

パクリと学ぶは同じ

私自身もこれを書きながら、随分と古いことを言っているものだと思っていますが、それでも大切な基本であると思っています。

現代っ子は、人と同じことをするとか、人を真似すると「パクリだ」と冗談も含め、少しバカにしてしまう傾向がありますよね。

しかし、昔は「人から学ぶことの大切さ」を教えてくれていました。

学ぶは →  真似ぶ →  学ぶ であると私は教わりました。

基本的に、人の良いところ、優れているところ、素晴らしいと感じるところなど、他人を肯定的に捉えて、真似てみることから、自分なり・自分らしさを掴んでいくと思っています。

学校や職場など、どの場面においても同じことが言えると思います。

他のことでは、他人の趣味を真似てみる、他人の作品を真似てみる、そうすることで、自分なりの自分らしさを掴むことに繋がると思います。作品などであれば、自分らしさのオリジナリティーを掴めることに繋がるでしょう。

 

私たちが話す言葉だけを取っても、「親から真似て」覚えているんです。

 

素直に真似て、そしてそれがやがては学ぶことの原点になるのではないでしょうか?

仕事についても、昔は人から真似て覚えろ、と厳しい面もありましたしね。

現代っ子がすぐに「パクリだ」と突っ込まれてしまうことで、真似ることの大切さを掴めなくているように感じます。

現代の言葉を使うなら「オマージュ」と言う言葉が、ここでの話に近いのかもしれませんが、新しく生まれたカタカナ言葉にまだまだ戸惑う人は多いのではないでしょうか?

子供であれば、多くのお子さんが理解をしていないのではないでしょうか。

「素直に、真似てみる」そんな基本を現代っ子に伝わるように教えてあげる大切さを感じています。

スポンサーリンク

 

基礎の大切さ

これは、私の子供が難しいことにチャレンジしていて「わからない!」と根を上げていた時に私が言った言葉ですが、

「昔は、本であれば、穴が開くほど読め!と言われたものだよ」と話すと、子供は「目に穴があくわー!」と大ウケしていましたね。

これには、私も同感して笑えました。昔は学ぶ物が、教科書や本などの書物でしたが、現代っ子はパソコンなどから学ぶことが多いですよね。

確かに、それでは穴が開くのは目の方でも当たっていると思ってしまいました。

どちらに「穴」が開くかは、置いておき、話を戻すとしましょう。

昔は「穴が開くほど読めばわかる」や「100回読めばわかる」との言葉で済まされてしまうかのような教えがありました。

実際に、これは基本だと思います。

私自身、若い頃からこれらは基本として、分らなければ100回は読む!と根性で読むように取り組むと、100回も読まずに理解できましたね。

他のことでも子供から「〇〇がわからない」と弱気発言を聞けば、「そもそも〇〇は何なのか?」を考え、理解することだと教えます。その上で、〇〇は何に使うか、何に関係しているのかなど、次を考えるように教えます。

私は、これを「そもそも論」と勝手に名前を付けています。

文章の中に知らない言葉があれば、スルーしてしまうのではなく、そもそも論として、多少なりの理解をしなければ、文章全体を正確に理解することが難しくなってしまいます。

ここでは、子供のチャレンジしている問題から話を取り上げましたが、物事や課題を考える時に「そもそも」を考えて一歩手前を考えてみると答えに辿り着きやすくなると思います。

 

算数で例えるとわかりやすいかと思います。

基本に、数という概念が存在していることを知る必要があります。見えている「みかん」が1つなのか、2つなのか。小さな子供に数えることを教えますよね?その上で食べると減る。

小学校に上がると、足し算・引き算を習いますが、上に書いたように「みかんが増える・減る」を計算式として習います。その次には掛け算・割り算。

数と言う概念と、足し算・引き算がわからなければ、その先の問題の理解には繋がらないでしょう。

これが、算数で例えた基礎の大切さです。

 

知識を学ぶ上でも大切な「そもそも論」ですが、生きる上でも大切になってきます。

一例にしかすぎませんが、対人との口論または話し合いの場面でのことに例えてみます。

「言った言わない」での話などは、決着がつくことはありません。妥協により和解しているに過ぎないことが多いですよね。

基礎の大切さを考えられる思考は「論理的思考」だと言えます。

論理的思考とは、理論に辿りつくように正しく考える力です。

この「論理的思考」が育っていれば、概ね正しく物事を考えることができるでしょう。

 

そもそも、理屈と屁理屈は似ているようで全く違うものなので、話が噛み合うことはありません。

理屈は、論理的思考によるもので、理論に基づいていますが、反対の屁理屈は、論理から外れた思考なので、噛み合うわけがありません。

こんな場面の時は、そもそも噛み合う訳がないと、無駄な話し合いをしているよりさっさと切り上げ、気にしないことの方が大切ですよね。

理屈と屁理屈は噛み合わないのです。

 

私自身が、屁理屈のような理屈を並べていますが、基礎の大切さが少しでも伝わると嬉しいです。

現代っ子は「論理的に考えることが苦手」とも言われています。

「そもそも論」を使って何かのお役に立てばと思います。

 

子供たちの戸惑い

現代っ子の子供たちを取り巻いている現代の環境が、子供たちを迷わせ、苦しめている一面もあると感じます。

親や周りの家族からは「こうあるべき」と教えられます。

しかし、情報化社会が定着している現代では「自由に生きよう、好きなことをしよう」と情報が入ってきます。

子供や現代人にしてみると、親からの教わり身についた考えと、情報から入る考え方があり「どっち???」となるんだと思うのです。

 

親は「基礎学力がないと将来困るから勉強しなさい」と教えたとします。しかし世の中の情報では「自分のやりたいことには、元々の能力以上が持てるものだから、好きな方向を選択すればいいんだよ」と入ってきます。

子供たちにしたら「どっち?が正しいの?」と戸惑ってしまうことになります。

家庭において、こうあるべきと教わっても、周りの情報や意見は「自由に生きよう」になってしまっているのですから、当然子供たちは「自由って何?」から始まる戸惑いは大きいのではないでしょうか。

この「どっち?」は、いろんな場面であると思います。そしてその「どっち?」からくる戸惑いは、子供によっては大きな苦しみとなってしまうのではないでしょうか?

 

親は親なりの課題があるので、楽をして生きている訳ではないしょう。

しかし、時代が子供たちを「どっち?」と戸惑わせているのなら、自分の課題にこの子供の「どっち?」の戸惑いに答えを見つけることができるように考えることを加えてみてはどうでしょうか。

 

私の場合はですが、今回、昔の言葉やことわざから話が始まっているように

「情けは人の為ならず」

「災い転じて福となす」「捨てる神あれば、拾う神もある」

「失敗は成功の元」「99%の努力と1%の発想」などなど・・・

自分が若い頃に成長の助けになった言葉を振り返りながら、人としての基本をなるべく現代の子供にわかるように伝えています。

それは、昔のように自己成長に繋がる言葉が現代では使われなくなったことも「戸惑う」一つの要因かもしれないと思ったので。

 

私には、成人した子供がいて、その子が中学生の頃には、古い言葉やことわざを使って伝えていましたが、子供から「お母さんがとても良いことを教えてくれたから、友達に教えてあげたけど伝わらなかった!」と苦情がきたんですね。その時から、古い言葉やことわざは使わないようにしてきましたが、やはり昔の言葉には良いものが多く、分かりやすい時代であったと思うのです。

現代っ子に伝わる言葉で、良いものは伝えていってあげたいと思っています。

私の子供は

「大事なことが、大事なんだとわかった!」と基本になる大事なことがあるのだと掴んでくれたようです。成長していく中で、多くの大事ことの中身を自分自身で掴んでいくことでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ピックアップ記事

  1. 自己愛から自尊心への成長過程

関連記事

  1. 伝えたいこと

    冷めた夫婦間って嫌ではないですか?

    夫婦間がうまくいかない理由上手くいかない理由は…

  2. 伝えたいこと

    あるブロガーさんの足跡から、人生が変わって行くのかも?そのブロガーさんとは?

    あるブロガーさんの足跡から転機へと ブログの引越しを考え、はてなブ…

  3. 人生

    戦争体験者の祖父が亡くなってから知った真実『トラック島での人体実験』

    戦争体験者の祖父これは、時代を超えて知ることになった悲しい真実を綴…

  4. 伝えたいこと

    「不登校・ひきこもり」から自己肯定感を育てる|問題の背景と対処法

    不登校・ひきこもりになった息子2歳6ヶ月の時に「広汎性発達障害」と…

  5. 伝えたいこと

    中高年の夫はなぜ文句が多いのか?

    中高年の夫の不満中高年の男性が奥さんに持つ不満…

  1. 美容・ダイエット

    キレイな肌を保つために「肌の仕組みや化粧品への基礎知識」
  2. 植物・自然・動物

    [バラの育て方] 薔薇の魅力と病気に負けない育て方
  3. 生活

    伊達メガネでオシャレ「意外な効果の理由」
  4. 伝えたいこと

    野良猫の悲惨な実態。今だから語れること。
  5. 「ペットやお部屋の臭い対策」手軽な物で効果抜群
PAGE TOP